FC2ブログ

嬉しいこの瞬間 チルドレン大学の成果かな?

チルドレン大学で学びはじめて1ヶ月ちょっと。

子どものなぜ?に付き合うってことから始まりました。

最初は子どものなぜ?がフォーカスできませんでした。

たぶん、「なぜ?」にちゃんと応えてこなかったから、子供たちも

「なぜ?」と聞かなくなっていたと思われます。

だから、最初は自分からいろいろアプローチしてました。

そうしているうちに子ども自身から「なぜ?」と出てくるようになりました。

そこまで行くのに時間はかかりませんでした。

子どもは常に「なぜ?どうして?」で頭がいっぱいなんですね。

なぜ?に応えて、それを広げていってあげると、

どんどん食いついてきます。

そして、自分でもそういう広げ方があることに気付いてくれてます。

長男はもう8歳なので、結果が見えやすかったのかもしれません。

もともと、好奇心や、探究心の強い子だったので、

知る喜びを体感してくれているようです。

小学生だからといろいろ手放しにしてしまいがちですが、

読み聞かせも、なぜ?に応えることも、まだまだ重要です。

ここで軌道修正ができたことは彼の人生にどんな影響を与えるでしょう?

そんなこと頭でわかってるけど、実際できないよ~。って思ってましたが、

掛け算の文章題で正しい式の立て方を最近知った、

おバカな私でもできるよう、

指南してくれたのがチルドレン大学です。

(掛け算の件、解説すると、「象が6頭で足は何本?」問う問題は、
 6x4が正しいか、4x6が正しいか。ということです。
 皆さん普通に知ってました?知ってますよね…。
 私の算数のつまずきがすでに小2であったんですね~。
 ちなみにこの場合、
 6x4にしてしまうと、6本足の象が4頭になります。)

最近、子どもたちが帰ってきてからの自宅での過ごし方が変わりました。

今日は、ママが何を用意してくれているんだろう?みたいな期待が

伝わってきます。別にこれと言って用意してるわけじゃないんですけどね。

今日は、ケーキを作ろう。

今日は、ミラクルフルーツの実験をしよう。

今日は、本を読もう。

今日は、お風呂に入浴剤を入れてみよう。

今日は、地図を見てみよう。

こんな一週間です。

ひとつ投げかけると、無限に広がって行きます。

そして嬉しいこの瞬間に出会えるのです。

今日のゆうくんの質問。

年末に車をぶつけて、ようやく昨日修理に出してきました。

パパに見積りの値段を話しているときでした。

ママ 「ドアが4万円に磨くのが5千円で、47250円だった。」

ゆうくん 「どうして4万5千円じゃないの?」

ママ 「消費税が5%つくんだよ。」

ゆうくん 「消費税ってなに?」

ママ 「図書館で借りてきたお金の本に税金の話のってたよ。」

という会話から早速お金の本で調べていました。

そしてゆうくんが知ったことを自慢気に話してくれます。

そこから色々な会話に発展していきます。

千円札は夏目漱石で、夏目漱石は「坊ちゃん」書いた人だよ。

千円札は野口英世もあるね。なんて具合。

今日はそろばんの帰りにおつかいを頼んでいたので1000円渡すと、

すかしを確認して、「本物だよ!」と。

こんな瞬間が嬉しくないですか?

まあちゃんは人体図鑑を借りてきてから、今、体のことに興味を持っています。

私の盲腸の手術あとを見て、「これなーに?」と。

そこからまた話が発展して、盲腸は本当にいらない臓器なのか?

いらない臓器なんてないんじゃないの?なんて具合に。

リビングで、お金の本を読むゆうくん、人体の本をながめるまあちゃん。

こんな瞬間が嬉しい私。

そんなときのそうくんは…。

ohajiki 1

ohajiki 2

おはじき入れに夢中です。

これは、タッパーにカッターで穴を開けただけのものですが、

1日中やってました。

かなり小さめに穴を作っているので、コツがいります。

最初は穴に差し込むことが難しく、「ママ~」と助けを求めてきていましたが、

だんだん自分でできるようになってきました。

そんなとき私は、「うん、うん、シナプスがつながっていくのが見えるようだ。」と、

嬉しく思うのです。

ちなみにまあちゃんも、ゆうくんも、これにはまって取り合いしてました。

まあちゃんとゆうくんには右脳活性化?のために左手でやらせています。

それから、ミラクルフルーツ実験。

レモン食べてま~す。

mirakuru 1

mirakuru 2

見ただけで、口の中に唾液が広がりますよね~。

レモンがすっぱくない理由を話しましたが、

ふたりとも、レモンのおいしさに「もっとちょうだい!!!」って

食欲のほうがまさってました…。

日々、こういったなんでもないことから話しをはずませて、

いつの間にかいろいろ学んでいる。って感じがつかめてきた今日このごろですが、

学校の勉強も、まあちゃんのプリントも今までどおりやっています。

ただ、自分自身のかかわり方が変わってきたように思います。

できるだけ時間を作って、一緒に机に座るようにしています。

(今までは何かをしながら、勉強を見ている。って感じでした。)

机と言ってもダイニングテーブルですけど。

今までは、やらせること、終わらせること、が目的で、

焦らせていたような気がします。

まあ、今でもそういう思いはどこかにあるのですが…。

ゆうくんはチャレンジをやることが、ちょっと楽しくなってます。

まあちゃんはお兄ちゃんが勉強するから、「私もプリントやる~。」と

なるわけです。二人目以降は「勉強やりなさい。」なんて言わなくても、

ホント、自然にそういう環境があれば、そうなっていくんだな~と思います。

今まあちゃんはキララの8ヶ月目。

4歳6ヶ月なので、本来18ヶ月目やってなきゃいけないんですけどね。ハッ、ハッ、ハッ。

今まあちゃんがやっているのはこんな感じです↓
kirara

年少さんで偉いね~って、まるで他人事のように思うのです。

まあちゃんはちょっと別世界の人に見えちゃうときがある。

頭がいいとか、そんなことじゃなくて、

何かオーラを感じるっていうか。

あんまり教えたことがないことでも、ちゃんとできてるって言うか。

そんな、まあちゃんを発見すると、私の子?って思っちゃうんです。

ゆうくんの要領の悪さなんかを見てると「私の子だな…」って思うんですけど。

今日は、まとまりなく、ながい文になりましたが、

チルドレン大学を始めて、手ごたえを感じつつあるので、

思ったことをじゃんじゃん書いてみました。

まっ、相変わらず親バカ丸出しですが。

愛してやまない子どもたちはスヤスヤ。いい夢見てるかな~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!
チル大の学びを通して、親も子もとても良い時間を
過ごしてるのが伝わってきました♪

>今日は、ママが何を用意してくれているんだろう?みたいな期待

↑これ、わかります(^^)うちも、チル大始めてからそうなりました。
私も、子供が園から帰ってくるのが楽しみになりましたしね♪
これからも、お互い、子供との時間をどんどん楽しみたいですね!

こんにちは。

すごいですね~。
チル大初めて1ヶ月で・・・ 上手くお子様と接する事ができてる~。
しかも、3人もお子さんがいらっしゃるのに・・・・
私はまだまだです。

日々の生活に追われおっぱなしで、なかなか実践できていない事が多いです。

ブログまた楽しみにしてます。

「こんな瞬間が嬉しくないですか?」

 うれしいです。
それも とんでもなく うれしいです。
こいつめって感じでほっぺたをつねったり、頭をなでなでしたくなりますが、中学生なるといやがりますので、べたべたしにくくなってしまいました。

 象の足…、私、小2でつまずいていたようです。

K-chan

ご訪問ありがとうございます!
チル大はじめて1ヶ月足らずですが、
母親経験はすでに8年。かめの歩みで来ましたが、
チル大成果でダッシュがかかってます?!

いのさん

共感してもらえて嬉しいです!
それより何より「象」のお仲間がいて嬉しい…。

ゆっかりんさん

コメントありがとうございます!
チル大効果を実感しています。
プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
自称教育ママ。
家庭保育園、DWE、
進研ゼミ、BE-GO
どんぐり倶楽部
七田はっぴいたいむ
チルドレン大学
フラムキッズ
幸せなお母さんになるための子育て
書き上げると自分でもビックリするな~。
いろいろやってます。
楽しく幸せな働くママしてます。

お仕事ブログ↓
http://ameblo.jp/aki-vinvino/

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの

*script by KT*
FC2カウンター
リンク
幼児教材
中古教材を買う!
gremz