スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食育から乳がんまで 幕内先生 講演会 

幕内秀夫先生の講演会に行って来ました!

講演会のタイトルは

「ご飯大好きっ子」にしよう~食育から学ぶ親と子どもの健康管理~

幕内先生ご存知ですか?書店に並んでいる本を目にされている方も多いと思います。



以前から幕内先生の本は読んでましたが、食生活気をつけないとね~。程度の意識から

抜け出すことができませんでした。かろうじてご飯は白米半分、7分玄米半分で食べてますが。

それが今回講演会を聞いて「開眼」しました。

まず、このブログに来てくださった女性の方必読。

幕内先生は病院で栄養指導もされているそうです。

そこで、女性特有のがん患者さんを指導してきた結果、

20代、30代で乳がんにかかる方の食生活は必ず同じだったそうです。

それは、「ごはんを食べていない。」ということでした。

朝はパン、昼はパスタ、夜はかろうじてご飯を食べても食べる量が少ない。

こんな食生活が危険らしいです。

米を主食にしてきた日本人が米を食べない弊害はこんなところにも出てくる。と

知りました。その点、男性で若くしてがんにかかる方が女性より少ないのは、

パンよりもご飯、焼肉にはご飯、牛丼、カツどん等々ご飯を食べているからと

幕内先生は考えられてます。

食事のバランス何より、まずはご飯。幕内先生は強く訴えられてます。

それは子どもも同じことで、子どもにはご飯!何をさしおいてもご飯!

ピーマンを食べない、にんじんを食べない、そんな事で気をもむのが食育ではなく、

食事のバランスを考えることが食育ではなく、

ご飯を食べることがまずスタート。

子どもの食事についてお話されたことを簡単にまとめておきます。

①子どもは自分で食べる量がわかっている。
 子どもは満腹になったらやめることができるので、無理に食べさせないこと。
 (一方大人は、お父さんは出されたものを全部食べる。お母さんは作ったものを全部食べる…)

②子どもは胃袋で食べる。
 3歳くらいまでの子どもはバラエティを欲していない。
 毎日同じメニューでも構わない。⇒ご飯、味噌汁、漬物、副菜
 (一方大人は、目で食べる。高級なコーヒーでも紙コップで出されるとインスタントコーヒーに
  感じてしまう。)
 おやつをおにぎりを推奨されていますが、毎日おにぎりじゃかわいそう。と思うのは
 大人で、子どもは胃袋で食べるので、お腹一杯になればお菓子も欲しない。
 そして、大人は心でも食べる。好きなものを口にするのは精神安定剤。
 お酒、たばこ、まんじゅう、ケーキなどを口にしたとき、おいしい、幸せと思うものを
 やめてしまうと、精神面に影響があるので、大人はゼロにする必要はない。(ホッ)
 けれども、それに子どもを巻き込むのをやめる。食べるならこっそり食べること!
 いずれ大人になって覚えていくことなので、大人がすりこむことはない。

③子どもの食事の目的は空腹をみたすこと。
 子どもにはたくさんの好き嫌いがあるが、それは偏食ではない。
 子どもは本能(目、鼻、口)で何をどれだけ食べればよいかわかっている。
 何でも食べたがらない正しい子ども
 何でも食べさせるという指導から、子どもの食生活が難しくなってしまった。

こういったお話しのあと、具体的に子どもの食生活をどうすればよいのか8つの提案を

してくださいました。

以下の8つは大切な順番に書いてあります。食生活は大切な事ほど簡単、

手間もかからず、経済的にも誰にでもできることです。小さな問題ほど、手間もお金もかかり

難しくなります。順番を間違えるとむずかしくなってしまいます。

とくに1番から4番が大切になります。ここを抜きにして5番目以降を見直すことはできません。

1.子どもの飲み物はー水、麦茶、ほうじ茶
成長期の子どもは代謝が激しいため、水分欲求が大きいのが特徴です。
したがって、飲み物の選択はもっとも大切になります。飲み物は水分を補給するもので、
熱量(カロリー)をとるものではありません。飲み物で熱量をとってしまうと、
きちんと食事をしなくなってしまします。

2.朝ご飯はしっかり食べさせる
朝食は必ず「ご飯と味噌汁」を食べさせてください。副食は焼き海苔、納豆、佃煮、
梅干、ふりかけなどの常備食を用意しましょう。
忙しいときはパンも仕方ありませんが、パンはお菓子を食べさせているのとおなじです。

3.子どものおやつは食事
こどものおやつは、4回目の食事です。
おにぎり、海苔巻き、うどん、そば、さつまいも、とうもろこし、せんべいなどの
「穀類」「いも類」を中心にしましょう。

4.カタカナ主食は日曜日
ラーメン、パン、シリアル、パスタ、ピザ、ハンバーガー、焼きそば、お好み焼き(油型)の主食は
週1、2回までにしてください。

5.副食の基本は野菜、海藻類
6.動物性食品は魚介類を中心とする
7.未精米の米を常食する おススメは5分づき米
8.食品の安全性に配慮するーできる範囲で、あくまでも4番までを見直してから検討

先生のおっしゃるとおり、4番まではお金をかけず実践できそうなことです。

でも実際実践となると難しいわけですが、

今回公演を聞いて開眼した私は気合い入ってます。

でもすでにお菓子漬け、ジュース漬けにしてしまったわが子達を

どうやってリセットしたらよいのか?

最後に質問の時間がとられたので、バシバシのオーラを出して司会者の人に

指名してもらいました。たくさん手が上がる中で選ばれた3人のうちのひとりになることが

できました。(うふっ)

先生の回答は、まず、上記の1~4までを実践して行けば、

お菓子漬け、ジュース漬けの生活から脱出できるであろうこと。

子どもはお腹がいっぱいなら食べない。別腹があるのは大人だけ。という考えに従えば、

正しく4番目の食事を与えていれば、お菓子を欲しがらなくなる。

実践して、立証してみます。

夜布団に入ってから子どもたちに今日の講演会の話をかいつまんで説明しました。

こんな時の子供たちは本当に素直で可愛くて「じゃあ、明日から頑張ろうね。」って

言ってくれました。お菓子が食べれない。ことよりも、ママとの時間や、約束を守ろうとする

その姿勢が一瞬でも感じられる。幸せですね~。

ちゃんと話せば、子どもには伝わるんですね。

「ママが忘れてさぼっちゃた時には注意してね。」なんて言おうものなら、

「しょうがないな~」って感じでとびきりの笑顔になります。

ちなみに幕内先生のトークは綾小路きみまろ調であっというまの2時間でした。

スポンサーサイト
プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
自称教育ママ。
家庭保育園、DWE、
進研ゼミ、BE-GO
どんぐり倶楽部
七田はっぴいたいむ
チルドレン大学
フラムキッズ
幸せなお母さんになるための子育て
書き上げると自分でもビックリするな~。
いろいろやってます。
楽しく幸せな働くママしてます。

お仕事ブログ↓
http://ameblo.jp/aki-vinvino/

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの

*script by KT*
FC2カウンター
リンク
幼児教材
中古教材を買う!
gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。