FC2ブログ

フグゲノム

フグゲノムって知ってます?

人にはヒトゲノムという遺伝情報。

フグにはフグゲノムという遺伝情報。

我が家のリビングには、元素周期表、ゲノムマップ、光マップ、宇宙図が貼ってあります。

もちろん、美的じゃないところが悩みの種だったりしますが、

自分の中で葛藤の結果、美しいことより、ここにこれが貼ってあることの意味のほうが

大事だと結論付いています。

今日、そうくんがゲノムマップに載っているフグを指して「とっと、とっと」と騒いでいました。

全然違うことをやっていたゆうくんが部屋の隅から、

「それ、トラフグだよ。」とそうくんに教えています。

「何で見なくてもわかるの?」と聞くと、

「だってそこに載ってるのトラフグだもん。」とゆうくん。

ゲノムについてはまだわかってないようですが、

そこにトラフグが載ってることを知っているゆうくんをすごいと思うのは親バカかしら?

子供向けのものではないので、難しいことが書いてあります。

それでもゆうくんは眺めてたり、読んでたりするんです。

私はこれを覚えてもらうために貼ってあるのではなく、

いつかこれらを勉強するときに、「これ見たことある。」「これ知ってる。」ということが

大きな力になると思うからです。

リビングに図鑑、お風呂に地図、これも同じ理由です。

いまやゆうくんは地図大好きです。

それぞれの国の位置関係を把握できているし、今後地理を習っても難なく受け入れられると

思います。ゆうくんは特に知的好奇心が強いように思います。

まあちゃんはドリルが得意だったり、カンが良かったりはしますが、

知的好奇心の面で言えば、ゆうくんに突き放されている感はあります。

それでも、お兄ちゃんが興味を持つことには、自分も…という思いがあるので、

それなりに興味を示してくれます。

今日は寝る前に星座の図鑑を読み聞かせました。

ゆうくんのリクエストで読んだのですが、

星座にファンタジーを描いていたゆうくんは

ギリシア神話の残酷さにちょっとビックリしていた様子。

それでも、今度はギリシア神話の本を読んでみよう。ということになりました。

全く持って文系だったわたしは、宇宙や星座なんて全く興味なしでした。

でも、今はゆうくんと楽しく学んでいます。

これって子育ての醍醐味のひとつのように思います。

あ~早く天体望遠鏡が欲しいな。

久々にチルドレン大学のカテゴリで書きました。

美的収納にウツツを抜かして?英語の勉強も、チルドレン大学もちょっと休憩していますが、

チル大的学びはいつも意識して子供に接していたいと思っています。
スポンサーサイト



なぜ生きているの? 今日の学び

まなりんさんのブログから引用させていただきます。

子どもに「なぜ生きているの?」と聞かれたら何て答えますか?

成瀬さんの答えはこちら↓
http://archive.mag2.com/0000131094/20090217064000000.html

ぜひ立ち寄ってみてください。納得の回答です。

深いです。

で、文章のくだりで、↓のように書いてあります。

人は知りたいと思ったことを

心の深いところで納得させられると

一瞬で変わってしまいます(^^)

だから、子どもたちの「どうして?」という

“知りたい欲求”にはできる限り

わかりやすく答えてあげて欲しいんです(^^)


これでちょっと反省したことがありました。

昨日ゆうくんが、「海の潮ってどうやって引くの?水が減るの?」の質問に

後で調べようか。と言ったまま放置してました…。

で、調べてみました。潮の満ち引き。

http://juku-ru.shinsyoukaikan.com/tide.htm

おもしろい!

だけど、これをゆうくんに説明するのは至難の業。

かみ砕いて、かみ砕いて、腑に落としてあげたい。

成瀬さんの本も読んでみようと思います。↓

もちろんメルマガも登録しました。

子どもを伸ばす小さな習慣―親が気をつけたい「ひとこと」と「家庭習慣」

まなりんさん、いつも貴重な情報ありがとうございます。

追記:成瀬さんってフラムキッズ出してる方でした~!今ごろ気付いた…。
    今年からフラムキッズ始めた我が家。シンクロしてるかな?

本日の学び 羽と翼の違い

ゆうくんが「羽と翼ってどうちがうの?」と聞いてきました。

あらためて考えるとわからない。

さっそく検索。その前に類語辞典をひかせましたが、ありませんでした。

翼はばっさばっさするやつで、

羽は翼の中の1枚。

ほっほー。知ってたような、知らないような。


TSUBASA


HANE

もうちょっと踏み込んだ回答では、

翼というのは鳥類の空中を飛ぶための器官を指します。
また、そこから飛行機の場合でも使用します。

鳥の翼は、翼は前肢が変形したもので風切り羽、雨覆い羽、小翼羽などから構成されています。
羽根というのは、曖昧に幅広く使用し、、鳥の場合には一本一本のことを指しますし、昆虫の場合には鳥の翼にあたる意味で使用したりします。

トビウオは鳥類ではないので、翼ではありません。あれは胸びれになります。
ちなみに昆虫の場合には正確には翅と言います。

「翅」って字が読めないぜ~。

調べてみるとはねとそのまま読むらしい。

子どものなぜに付き合うと親も賢くなるね。

嬉しいこの瞬間 チルドレン大学の成果かな?

チルドレン大学で学びはじめて1ヶ月ちょっと。

子どものなぜ?に付き合うってことから始まりました。

最初は子どものなぜ?がフォーカスできませんでした。

たぶん、「なぜ?」にちゃんと応えてこなかったから、子供たちも

「なぜ?」と聞かなくなっていたと思われます。

だから、最初は自分からいろいろアプローチしてました。

そうしているうちに子ども自身から「なぜ?」と出てくるようになりました。

そこまで行くのに時間はかかりませんでした。

子どもは常に「なぜ?どうして?」で頭がいっぱいなんですね。

なぜ?に応えて、それを広げていってあげると、

どんどん食いついてきます。

そして、自分でもそういう広げ方があることに気付いてくれてます。

長男はもう8歳なので、結果が見えやすかったのかもしれません。

もともと、好奇心や、探究心の強い子だったので、

知る喜びを体感してくれているようです。

小学生だからといろいろ手放しにしてしまいがちですが、

読み聞かせも、なぜ?に応えることも、まだまだ重要です。

ここで軌道修正ができたことは彼の人生にどんな影響を与えるでしょう?

そんなこと頭でわかってるけど、実際できないよ~。って思ってましたが、

掛け算の文章題で正しい式の立て方を最近知った、

おバカな私でもできるよう、

指南してくれたのがチルドレン大学です。

(掛け算の件、解説すると、「象が6頭で足は何本?」問う問題は、
 6x4が正しいか、4x6が正しいか。ということです。
 皆さん普通に知ってました?知ってますよね…。
 私の算数のつまずきがすでに小2であったんですね~。
 ちなみにこの場合、
 6x4にしてしまうと、6本足の象が4頭になります。)

最近、子どもたちが帰ってきてからの自宅での過ごし方が変わりました。

今日は、ママが何を用意してくれているんだろう?みたいな期待が

伝わってきます。別にこれと言って用意してるわけじゃないんですけどね。

今日は、ケーキを作ろう。

今日は、ミラクルフルーツの実験をしよう。

今日は、本を読もう。

今日は、お風呂に入浴剤を入れてみよう。

今日は、地図を見てみよう。

こんな一週間です。

ひとつ投げかけると、無限に広がって行きます。

そして嬉しいこの瞬間に出会えるのです。

今日のゆうくんの質問。

年末に車をぶつけて、ようやく昨日修理に出してきました。

パパに見積りの値段を話しているときでした。

ママ 「ドアが4万円に磨くのが5千円で、47250円だった。」

ゆうくん 「どうして4万5千円じゃないの?」

ママ 「消費税が5%つくんだよ。」

ゆうくん 「消費税ってなに?」

ママ 「図書館で借りてきたお金の本に税金の話のってたよ。」

という会話から早速お金の本で調べていました。

そしてゆうくんが知ったことを自慢気に話してくれます。

そこから色々な会話に発展していきます。

千円札は夏目漱石で、夏目漱石は「坊ちゃん」書いた人だよ。

千円札は野口英世もあるね。なんて具合。

今日はそろばんの帰りにおつかいを頼んでいたので1000円渡すと、

すかしを確認して、「本物だよ!」と。

こんな瞬間が嬉しくないですか?

まあちゃんは人体図鑑を借りてきてから、今、体のことに興味を持っています。

私の盲腸の手術あとを見て、「これなーに?」と。

そこからまた話が発展して、盲腸は本当にいらない臓器なのか?

いらない臓器なんてないんじゃないの?なんて具合に。

リビングで、お金の本を読むゆうくん、人体の本をながめるまあちゃん。

こんな瞬間が嬉しい私。

そんなときのそうくんは…。

ohajiki 1

ohajiki 2

おはじき入れに夢中です。

これは、タッパーにカッターで穴を開けただけのものですが、

1日中やってました。

かなり小さめに穴を作っているので、コツがいります。

最初は穴に差し込むことが難しく、「ママ~」と助けを求めてきていましたが、

だんだん自分でできるようになってきました。

そんなとき私は、「うん、うん、シナプスがつながっていくのが見えるようだ。」と、

嬉しく思うのです。

ちなみにまあちゃんも、ゆうくんも、これにはまって取り合いしてました。

まあちゃんとゆうくんには右脳活性化?のために左手でやらせています。

それから、ミラクルフルーツ実験。

レモン食べてま~す。

mirakuru 1

mirakuru 2

見ただけで、口の中に唾液が広がりますよね~。

レモンがすっぱくない理由を話しましたが、

ふたりとも、レモンのおいしさに「もっとちょうだい!!!」って

食欲のほうがまさってました…。

日々、こういったなんでもないことから話しをはずませて、

いつの間にかいろいろ学んでいる。って感じがつかめてきた今日このごろですが、

学校の勉強も、まあちゃんのプリントも今までどおりやっています。

ただ、自分自身のかかわり方が変わってきたように思います。

できるだけ時間を作って、一緒に机に座るようにしています。

(今までは何かをしながら、勉強を見ている。って感じでした。)

机と言ってもダイニングテーブルですけど。

今までは、やらせること、終わらせること、が目的で、

焦らせていたような気がします。

まあ、今でもそういう思いはどこかにあるのですが…。

ゆうくんはチャレンジをやることが、ちょっと楽しくなってます。

まあちゃんはお兄ちゃんが勉強するから、「私もプリントやる~。」と

なるわけです。二人目以降は「勉強やりなさい。」なんて言わなくても、

ホント、自然にそういう環境があれば、そうなっていくんだな~と思います。

今まあちゃんはキララの8ヶ月目。

4歳6ヶ月なので、本来18ヶ月目やってなきゃいけないんですけどね。ハッ、ハッ、ハッ。

今まあちゃんがやっているのはこんな感じです↓
kirara

年少さんで偉いね~って、まるで他人事のように思うのです。

まあちゃんはちょっと別世界の人に見えちゃうときがある。

頭がいいとか、そんなことじゃなくて、

何かオーラを感じるっていうか。

あんまり教えたことがないことでも、ちゃんとできてるって言うか。

そんな、まあちゃんを発見すると、私の子?って思っちゃうんです。

ゆうくんの要領の悪さなんかを見てると「私の子だな…」って思うんですけど。

今日は、まとまりなく、ながい文になりましたが、

チルドレン大学を始めて、手ごたえを感じつつあるので、

思ったことをじゃんじゃん書いてみました。

まっ、相変わらず親バカ丸出しですが。

愛してやまない子どもたちはスヤスヤ。いい夢見てるかな~。

ひさびさの図書館 

私の中にはイロイロな自分が住んでいて、

数種類の自分が順番に出てくる生活を送っています。

わかります???

家政婦な自分のときは、掃除に料理に家事にものすごく励んだり、

ガーデナーな自分のときには、ガーデニングにがっつり、

勉強モードな自分のときには、勉強がっつり、

子育てモードな自分のときには、子どもにがっつり、

読書モードな自分のときには、読書がっつり、

イライラモードな自分のときには、イライラ、カリカリ、

時にはこんな自分を持て余してますが、こういう自分だ。とわかっただけで、

随分楽な生活になりました。

で、どんなサイクルでそれがやってくるか、自分でもわからないわけです。

昨日までできていたことが、今日はできない。なんてことショッチュウです…。

前置きが長くなりましたが、今は子育てモードと、勉強モードの自分。

寒くなってから図書館に行くのが億劫になっていて、

この冬はじめてかも?図書館に行ってきました。

チルドレン大学の学びの中で「人体」があって、人体図鑑を

探しに行きました。

今年初の図書館ということで、今年は読んだ本をカウントして行こうと思い立ちました。

今日は18冊借りてきましたよ。


こういうのを見たことがないゆうくんとまあちゃん。
ゆうくんは怖い…。まあちゃんは興味深々。

これの他に体関係の本を5冊。

「ねびえ」
「めのはなし」
「あたまのなか」
3冊は福音館書店のかがくのとも特製版です。
おしっこの研究 (たくさんのふしぎ傑作集)
魔法のほうきで体のなかへ―体といのちのたんけんブックス〈4〉 (体といのちのたんけんブックス (4))
これだけ体の本を借りてくると、否が応でも頭にインプットされるでしょう。ふふふ。

で、今回の大ヒット本3冊。

ながめているだけで楽しい。


これ買います。国旗絵本の次はこれですよ!
192カ国それぞれ詳細が載っています。
歴史や、生活、産業、日本との関わり、世界一のことがら、
様々な角度から見やすくわかりやすくまとめられています。
クロスセクション―輪切り図鑑 有名な18の建物や乗物の内部を見る
この本も予想通りゆうくん飛びつきました。
ジャンボジェット、オペラハウス、戦車、スペースシャトルなど、
18種類の建物や乗り物が輪切りにされて絵に描かれています。
かなり詳細に描かれているので、一箇所ずつ丁寧に見ていくと面白いです。

ゆうくん用にもう2冊
お金100のひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ)
お年玉をもらったので、良い機会かと思って借りました。
  
五味太郎の「干支セトラ絵本」タツ年の人の絵本ということで、
辰年のゆうくんに。絵本の帯に
たつ年生まれのひとは、感情表現が豊かで、なかなかのまけずぎらい。
と書いてありました。確かにゆうくんは良く泣きます(笑)
このシリーズ十二支全部あるのですが、今日はたつ年しか見つけられませんでした。

自分用に2冊

島田ゆかさんの本は全て買いそろえたいけれど、
なかなか自分のために絵本を買えない私。
子どもたちも大好きなんだからかえばいいのにね~。

今頃???って思われちゃうかも。読んだことないんですよね~。
星の王子様の人形なら持ってるんです(笑)

まあちゃん用の絵本5冊
What is this?―なにかしら
まあちゃん、予想通りの好反応。
予想どおりの反応をしてくれると嬉しい!
これは、しかけ絵本で、動物の体が3つに分割されていて、
4096通りの動物の組み合わせが楽しめます。
ぷーっ!
ぞうがおならする話しです。
エルマーとヘビ (ぞうのエルマー)
じゃんけん (えほんのマーチ)
しましまゼビー おうちにありがやってきた (大型絵本)

借りるたびこの作業はしんどいかも。
でも、1年で何冊読んだかくらいはカウントしていみたいかも。
プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
自称教育ママ。
家庭保育園、DWE、
進研ゼミ、BE-GO
どんぐり倶楽部
七田はっぴいたいむ
チルドレン大学
フラムキッズ
幸せなお母さんになるための子育て
書き上げると自分でもビックリするな~。
いろいろやってます。
楽しく幸せな働くママしてます。

お仕事ブログ↓
http://ameblo.jp/aki-vinvino/

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの

*script by KT*
FC2カウンター
リンク
幼児教材
中古教材を買う!
gremz